ずんだれ速報

今、気になるスレッドをあらゆるジャンルからだらだらとまとめるブログ





戦国時代に茶道じゃなくてガンプラが流行ってたら

1 :風吹けば名無し 2014/01/30(木) 14:20:09.00 ID:gtqXJhey


たのしそう


_AA1273_


続きを読む

「動物はあなたのごはんじゃない」VS「植物はあなたのごはんじゃない」

1 : ストマッククロー(東京都) 2014/01/30(木) 08:18:19.88 ID:3uq1s9vO0 

先日、ガジェット通信にて
『約20件の反対意見で… ファミリーマートのフォアグラ入り弁当の発売中止決定がネットで物議』 http://getnews.jp/archives/501374 という記事をお伝えした。

NPO法人アニマルライツセンターは、サイトにて <ファミリーマートがフォアグラ入り弁当の販売中止を発表! ファミリーマートがフォアグラ入の弁当を発売する予定でしたが、多くの人の意見があったため、発売を中止してくださいました!発売する予定だったのは、「ファミマプレミアム黒毛和牛入り ハンバーグ弁当~フォアグラパテ添え」(税込価格:690円/発売予定日:1月28日)。 ハンバーグの上にフォアグラのパテが乗った商品でした。 1月24日夕方に、販売中止のリリースをだしてくださいました。ファミリーマートの倫理観ある判断に感謝申し上げます。> という声明を発表しているのだが、そこのバナーには牛、豚、鶏、羊といった動物のシルエットが描かれ、 「動物はあなたのごはんじゃない」という文言が書かれており、現在ネット上で波紋を呼んでいるようだ。

ネットではこれに対して
「じゃあ何を食べて生きてるの?」
「いや、家畜はごはんだろ」
「植物も生き物だけど」
「霞でも食ってるのか」
と疑問の声が多数あがっているようである。
「そう考えるのは別にいいが、他人に押し付けるな」
といったような意見も。
そんな中、『Twitter』では「某NPO法人のキャッチフレーズにシビレて作った植物保護らくがき」
というツイートとともに、「植物はあなたのごはんじゃない」「霞でも食ってろ!」というキャッチコピーがついて
野菜と果物のシルエットが描かれているパロディイラストがアップされ、多くのリツイートを集めているようである。
(一部抜粋)

shokubutsu

and_504316


http://getnews.jp/archives/504534





続きを読む

歴史で宦官っているじゃん

1 :風吹けば名無し 2014/01/29(水) 06:18:20.26 ID:nZ1jg0TJ


アレって間違いなく性の対象になってたよな




続きを読む

空前の“陰毛ブーム”がやって来る!?『誰にも媚びない女』アメリカンアパレルが常識を覆す!

1 : ダイビングエルボードロップ(愛知県) 2014/01/26(日) 12:36:51.77 ID:aXL7os90P 

MANNEQUINAA

AAmannequins14

mannequinssidewalk


 既成のファッションシーンにパンチを与えてきたアメリカ有数のアパレルブランドといえば、間違いなくアメリカンアパレル、通称“アメアパ”だ。そのアメアパが、ニューヨークのファッショニスタ達を驚愕させる事件を起こした。大手新聞メディアは軒並みこの珍事を書き立て、ツイッターは炎上。

 原因は “pubic hair” 、つまり、下の毛だ。

■事件勃発! アメアパのマネキンが・・・!

 1月なかば、ニューヨークのSOHOにほど近いイーストハウストンストリートにあるオフィシャルショップのディスプレイの一部が、一夜のうちに通常、“あり得ない仕様” にアップデートされた。スタッフへの事前告知はまったくなく、出勤するまでその内容を知らなかったという。前日まで、ショウウインドーにはシースルーのブラ(40ドル)とパンティー(15ドル)を着用し、ツンとすました顔のマネキンが3体飾られていた。ところが、当日朝にはその下腹部が、実に豊かで艶やかな “Full Bush” 状態になっていたのである!OMG!

AMEAPA

以下略
http://tocana.jp/2014/01/post_3538.html




続きを読む

【話題】「道ばたのエロ本」はどこへ消えたのか

1 : ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/01/25(土) 15:52:35.39 ID:???0


★「道ばたのエロ本」はどこへ消えたのか
2014年1月24日 07時00分

小学生の頃、道ばたや公園にエロ本が落ちていたら大騒ぎになったものだった。読んだところで何が何だか分からないのだが、「普段、絶対手に届かないものがすぐそばにある」という特別感は、簡単に小学生のテンションを上げる。年末に行われた、小学校の同級生たちとの飲み会でも、やっぱり“道ばたのエロ本”の思い出話で大いに盛り上がった。ある関西の知人は「あの頃のエロ本は、ほんまに“通貨”やった」としみじみしながら語っていた。多くの人が「路上でエロ本に出くわす」経験をしたことがあるだろう。実際手にとって読んだかは別として。

しかし、普段あまり人目につかないよう、人々から細心の注意を払われているエロ本が、なぜあんな風に白昼堂々とその姿をさらけ出していたのだろうか。今思うとなかなかおかしな光景である。そんなわけで私は“道ばたにエロ本”現象の謎について、自分なりに解明してみることにした。

おそらくエロ本も、はじめはひっそりと公共のゴミ箱や、ゴミ回収場所に捨てられていたはずだ。いくらなんでも、堂々とポイ捨てする人はいないだろう。しかし、それを目ざとく見つけたホームレスのおじさんや小中学生の手により、外の世界に引っ張りだされてしまったのではなかろうか。そして彼らは読んだあと、どこかにこっそり置いてくるだろう。拾ったものを古紙回収に出すとは考えにくい。すると、また見つけた誰かに拾われて読まれる。そのうち雨に濡れてボロボロになって、ページが風で吹き飛んだりする。そうやって流れ流れて、道ばたに辿り着いたのではないだろうか。つまり、海辺の漂着物のような存在なのだ。(以下略)

http://www.excite.co.jp/News/bit/E1390226543429.html




続きを読む