ずんだれ速報

今、気になるスレッドをあらゆるジャンルからだらだらとまとめるブログ

食べ物

「動物はあなたのごはんじゃない」VS「植物はあなたのごはんじゃない」

1 : ストマッククロー(東京都) 2014/01/30(木) 08:18:19.88 ID:3uq1s9vO0 

先日、ガジェット通信にて
『約20件の反対意見で… ファミリーマートのフォアグラ入り弁当の発売中止決定がネットで物議』 http://getnews.jp/archives/501374 という記事をお伝えした。

NPO法人アニマルライツセンターは、サイトにて <ファミリーマートがフォアグラ入り弁当の販売中止を発表! ファミリーマートがフォアグラ入の弁当を発売する予定でしたが、多くの人の意見があったため、発売を中止してくださいました!発売する予定だったのは、「ファミマプレミアム黒毛和牛入り ハンバーグ弁当~フォアグラパテ添え」(税込価格:690円/発売予定日:1月28日)。 ハンバーグの上にフォアグラのパテが乗った商品でした。 1月24日夕方に、販売中止のリリースをだしてくださいました。ファミリーマートの倫理観ある判断に感謝申し上げます。> という声明を発表しているのだが、そこのバナーには牛、豚、鶏、羊といった動物のシルエットが描かれ、 「動物はあなたのごはんじゃない」という文言が書かれており、現在ネット上で波紋を呼んでいるようだ。

ネットではこれに対して
「じゃあ何を食べて生きてるの?」
「いや、家畜はごはんだろ」
「植物も生き物だけど」
「霞でも食ってるのか」
と疑問の声が多数あがっているようである。
「そう考えるのは別にいいが、他人に押し付けるな」
といったような意見も。
そんな中、『Twitter』では「某NPO法人のキャッチフレーズにシビレて作った植物保護らくがき」
というツイートとともに、「植物はあなたのごはんじゃない」「霞でも食ってろ!」というキャッチコピーがついて
野菜と果物のシルエットが描かれているパロディイラストがアップされ、多くのリツイートを集めているようである。
(一部抜粋)

shokubutsu

and_504316


http://getnews.jp/archives/504534





続きを読む

日本人のみかん離れ コタツ離れとリンク バナナは好調で首位

1 : ローリングソバット(東日本) 2014/01/25(土) 08:47:24.62 ID:dmPb88xE0 

日本人のみかん離れはコタツ減とリンク 消費量はバナナ首位
日本原産のくだもの、温州みかんの消費量が激減している。1980年には1人当たり年に14.0キロ食べていたのが2009年には5.0キロに、1世帯当たりの支出金額も1990年には9334円だったのが2012年には4480円と半分以下になった。くだもの消費量ランキングでは2004年からバナナに抜かれて1位の座を明け渡したままだ。日本人はみかんが嫌いになったのだろうか?

「コンビニやファストフードの発達、食の欧米化や外部化など理由はいろいろ言われていますが、みかんの場合は日本人の生活様式が大きく変わった影響がとても大きい。日本の冬につきものだったコタツがない家が増えたのと合わせるように、みかんの消費が減っています。コタツに代表されるような、生活する上でみかんを手に取る環境が減っているのだろうと推察しています」(近藤さん)

http://www.news-postseven.com/archives/20140125_237646.html


a0006_000037



続きを読む

ラーメンの天下一品で、中国産のネギを「九条ネギ」と表示(´;ω;`)

1 : ジャンピングDDT(新疆ウイグル自治区) 2014/01/11(土) 09:27:18.13 ID:k1/5deZ2P 

 京都発祥で全国でフランチャイズ展開する中華そば専門店「天下一品」の一部店舗で、トッピングのメニューとして「九条ネギ」と表示しながら、中国産などのネギが混ざっていたことが、フランチャイズ本部「天一食品商事」への取材でわかった。現在は単に「ネギ」と表示するなど是正されているという。

 同商事によると、天下一品は全国に直営店、フランチャイズ店合わせて約230店舗を展開。このうち、大阪、兵庫、東京など7都府県のフランチャイズ店18店舗で、中国産などが混じっているのに「九条ネギ」と表示していたという。

 昨年、内部で専門家から食品表示などの指導を受けた後、九条ネギの表示の問題に気づき、10月のオーナー会議で是正を通知したという。同社の担当者は「九条ネギを全く使って
ないわけではなく、ブレンドしていたが、勉強不足だった」としている。(燧正典)

朝日新聞デジタル 1月11日(土)5時15分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140111-00000009-asahi-soci
179175


続きを読む

マクドナルド、店をマックカフェにした結果→コーヒー一杯で粘られファミリー層が来なくなり売上半減

1 : ジャンピングエルボーアタック(チベット自治区) 2014/01/02(木) 15:56:47.12 ID:CG/W0n3J0 

日本マクドナルド(以下、マクドナルド)の業績不振が際立ってきている。 2013年12月期の経常利益は、前年同期比58%減の100億円となった。低迷を続けるマクドナルドだが、なぜここまで不調を極めているのだろうか。 マクドナルドの不調も、現場を見れば一目瞭然だ。

決算発表や数値データで読めば、マクドナルド不調の主要因は、高級バーガーの販売不振と客数減ということがわかる。実際に店舗へ行き感じるのは、子どもの姿の消えたマクドナルドの姿だ。その代わり増えたのは、ビジネスパーソンと高齢者だ。

約10年前、390円のサンキューセット(ハンバーガー、フライドポテト、ドリンク)を原動力にマクドナルドは増収増益の快進撃を始めた。当時の競合は、ロッテリアをはじめ同価格帯のハンバーガーチェーンだったが、これらを圧倒してきた。

その後、モスバーガーやフレッシュネスバーガーといった高級志向のハンバーガーチェーンが台頭し、さらに東京都心では1個1000円もするような高級ハンバーガーショップが次々にオープンした。また、ハンバーガーチェーン店の高級化だけでなく、スターバックスコーヒーを筆頭に街中にはカフェが増え、こうした流れの中で、低価格帯で圧倒的な力を持っていたマクドナルドは、脱低価格帯路線に舵を切ったのだ。その象徴は、「マックカフェ」と新しいコンセプトの店舗だ。

マックカフェにしたことで、店頭からメニュー表がなくなり、店員が一つ一つの注文をさばく時間が長くなった。店員は他のカフェのように注文をゆっくりとさばくようになり、雰囲気としては「スマイル」ではなく「オシャレ感」を醸し出すようになった。料理を出すまでのスピードは遅くなり、その現状を打開するため、1月には「ENJOY! 60秒サービス」と銘打たれた、注文から60秒で商品を提供できなければハンバーガー無料券をお客にプレセントするキャンペーンを実施。
社内の意識改革、お客さんへのイメージ改革の意味を込めて実施したものだが、現場を見る限り、効果が発揮されたとは思えなかった。

マックカフェにした結果、マクドナルドのメイン顧客であったファミリー層にとって、みんなで楽しく食事をできる場所ではなくなってしまった。カフェにしたことで、店は以前よりも静かになった。




続きを読む

牛肉以外でカレーを作る奴ってヒンズー教なの?それ以外で豚肉や鶏肉はありえないよな?

1 : 腕ひしぎ十字固め(やわらか銀行) 2013/12/19(木) 15:13:19.62 ID:54Cs7pyFP 

隣のカレーは美味く見える!? ご当地カレー列伝(3)

考えてみれば、子供の時から一番多く食べてきたご飯はカレーだった……という人も多いはず。手軽に作れておいしいメニューの代表格だが、カレーもラーメンに負けないくらい、
ご当地事情があることをご存知だろうか?

001l

002l

003l

004l


続きはソースで
http://news.mynavi.jp/news/2013/12/15/013/



続きを読む