ずんだれ速報

今、気になるスレッドをあらゆるジャンルからだらだらとまとめるブログ

社会

【朗報】右寄り思想に傾倒する見た目フツーのスイーツ女子の間で急増!その名も”right wing女子”!!

1 : フライングニールキック(京都府) 2014/03/02(日) 13:49:39.43 ID:yEu0tC6/P 

女子SPA! 2014年03月02日09時03分 ネトウヨ?愛国者?“嫌韓女子”が語る「私が目覚めた理由」

右翼といえば、“黒塗りの街宣車に日の丸を掲げた男性”というイメージがある。
ところが、2~3年前から、若い女性の間でも右寄りの思想に傾倒する人が急増しているという。

「K-POPや韓流ドラマは絶対観ない!」
「韓国は国ぐるみで間違った歴史を教えて、日本を悪者に仕立てている。許せない!」
「尖閣諸島や竹島は絶対に日本のもの!」
「中韓とは断固国交断絶!」
「広告代理店やマスコミが朝鮮人と結託して、日本人に親韓的な感情を植え付けようとしてる!」

……などと、彼女たちはとても語気が荒い。
中には、東方神起のファンだったのがいきなり嫌韓に目覚めた女性もいた。

◆「もう韓国コスメは買いません!」
流行やブランド品を好む、“スイーツ系女子”の相田多喜子さん(仮名・33歳・会社員)はこう話す。
「韓国製のコスメや食品はもちろん、韓国と業務提携や協賛している日本企業の製品も買わないようになった」。
発端は、知人に紹介された「2ちゃんねるまとめブログ」だという。
「それまで2ちゃんねるに関心がなかったのですが、中国や韓国の実態を伝える書き込みを初めて読んでショックを受けました。韓流芸能人が韓国で日本を悪く言っていること、韓国の性犯罪率の高さ、商品にウジが混入するといった企業の衛生管理のずさんさなどを知り、さらにネットで勉強するように。日本のマスコミが偏った報道しかしないことを知りました」

2ちゃんねる経由でこうした思想に傾倒する女性は多いが、特に急増したきっかけのひとつとして、2011年の「高岡蒼甫ツイッター事件」がある。俳優・高岡蒼甫が、韓国ドラマや韓流芸能人が多すぎる、としてテレビ局をツイッター上で批判。その結果、高岡が所属事務所を解雇された問題が2ちゃんねる上で話題になり、テレビ局への抗議デモが勃発した騒動である。

◆やっぱり多い「2ちゃんねる経由」
竹中さちこさん(仮名・29歳・自営業)も、この抗議デモに参加した一人だ。
つづくhttp://news.livedoor.com/article/detail/8588497/


a0001_005655


続きを読む

夜道で泣いている女児がいても、声をかけると通報されるかも? ネットで大激論に 日本社会のあり方とは

1 : クロイツラス(愛知県) 2014/01/19(日) 20:19:24.53 ID:0inagfmN0 

ネットで「不審者」狂想曲 夜道で泣く女児を保護はNG?
産経新聞 1月19日(日)17時0分配信

 夜道に1人で泣いている女児がいる。だが、うっかり声をかけると不審者扱いされて通報されてしまうかも-。
そう懸念し、女児に話しかけずに警察への連絡にとどめた男性の対応をめぐって、ネットで大激論が交わされている。「安全」な社会を希求するあまり、失ったものがあるのではないか。議論は、日本社会のあり方にまで発展をみた。

 きっかけとなったのは、ある男性が8日にツイッターへ投稿した「体験談」だった。

 それによると、男性は前日の午後8時ごろ、小学1、2年生ぐらいの女の子が住宅街を泣きながら1人で歩いているのを目撃。迷子と思い声をかけようとしたものの、不審者扱いを危惧して思いとどまり、代わりに110番通報した。応答した担当者から最寄りの交番まで女児を送り届けるよう頼まれたが、誤認逮捕などのトラブルに巻き込まれるリスクが皆無ではないと考えて断り、早く警察官が来るようにと促してその場を立ち去った、という内容だ。

 ◆慎重対応に賛否両論

 この男性のツイートに対して、大量の意見が寄せられた。「思慮深くそれでいて心優しいゆえの対応ですね」 「子供も知らない人から声をかけられた時には、という教育を受けているのだから、見知らぬおっさんが夜に声をかけたらこの場合起こりうる可能性を考えるのは当然。むしろ通報したことを尊敬する」と慎重な判断への支持が相次ぐ一方で、「普通に声かけて普通に交番連れていけよ」「単に被害妄想起こした人がひとりで騒いでたってだけの話」など、厳しい批判も少なくない。

(>>2以降に続く)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140119-00000530-san-life



a0001_011389


続きを読む

【社会】長時間経過した遺体が見つかった凄惨な“現場”清める「特殊清掃作業」…防護服、ゴーグル、マスクで向き合う人たち

1 : ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/01/09(木) 15:31:47.86 ID:???0


★凄惨な“現場”清める「特殊清掃作業」… 防護服、ゴーグル、マスクで向き合う人たち
2014.1.9 08:51

「特殊清掃」という仕事がある。事件や孤立死で時間が経過してから遺体が見つかった場合、室内を清掃・消毒して原状回復し、遺品整理を請け負う業務だ。大阪では昨年、「おなかいっぱい食べさせてあげられなくてごめんね」とメモを残して母子が衰弱死し、餓死とみられる30代女性も見つかった。都会の真ん中で誰にも知られずに息を引き取り、長期にわたって発見されることもない。特殊清掃の作業に同行すると、そんな不条理と向き合う人たちの姿があった。

昨年11月下旬の早朝。「SCS特殊清掃・ケアサービス」(大阪市天王寺区)のスタッフは社内にある神棚に手を合わせ、静かに目を閉じた。これから作業に向かうのだ。現場は大阪府内の賃貸マンション。この1室で数日前、身寄りのない高齢女性が死亡しているのが見つかっており、オーナーの依頼で同室の原状回復を図るという。

マンションに到着し、部屋のあるフロアに足を踏み入れると、まだ廊下なのに強い臭気が漂ってきた。玄関前に立ち、手を合わせて深々と一礼する。入室すると、手袋、ゴーグル、マスクを装着。フード付きの白い防護服を身につけた。亡くなった人がどんな病気に罹患(りかん)していたか分からないケースが多く、感染症対策のためだ。

女性の遺体が見つかったのは浴室。室内に殺菌・消毒薬や殺虫剤を散布してから、遺体があった浴槽の清掃にかかる。遺体はすでに運び出されていたが、つかっていた水は残っていた。そのまま排水することはできず、電動ポンプでバケツにくみ上げて取り出した。

浴槽が空になると、特殊な薬剤を使って洗浄し、磨き上げる。黒ずんでいた浴槽は見違えるように白さを取り戻したが、さらにその上から薬剤を散布するなど、作業は続けられた。(以下略)

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140109/waf14010908560008-n1.htm



a0001_000411


続きを読む

渋滞ですげえイライラする。先頭はなにチンタラ走ってんだよ!ヾ(*`Д´*)ノ"

1 : アキレス腱固め(徳島県) 2014/01/01(水) 07:36:05.31 ID:mL6gMKtV0

県警交通規制課は、年末年始(28日~来月5日)の交通渋滞予測を発表した。
初詣の参拝で、高速道路や一般道ともに正月三が日を中心に平年並みの混雑が予想される。

 参拝客の多い神社周辺は、伊奈波神社(岐阜市)が国道256号で1日に最大1.5キロ、千代保稲荷神社(海津市)が県道岐阜南濃線で31~1日に最大3キロ、南宮大社(不破郡垂井町)が国道21号で31~1日に最大2キロの渋滞を予測。

 高速道路では、名神高速道路上り線の一宮インターチェンジ(IC)-大垣IC間で2~5日に最大15キロ、東海北陸自動車道上り線の白鳥IC-荘川IC間で2~5日に最大10キロ、下り線の高鷲IC-ぎふ大和IC間で3日に最大10キロ。

 一般道では、スキー客の車で、郡上市の県道高鷲インター線や国道156号などで28~5日に最大6キロとなっている。

 同課は「景気が上向き、外出する人が若干増えるのでは。出掛ける際は冬用タイヤを必ず準備し、渋滞を考慮して余裕を持った計画を立ててほしい」と呼び掛けている。

u-np.co.jp/news/kennai/20131228/201312280931_21636.shtml


a0001_011779





続きを読む

DQN「おい、年末に大金持ったヲタクが集まるらしいぞ」ヲタ「今年の俺はちょっとちがうぜ」バキ、ボコボコ

1 : 32文ロケット砲(愛知県) 2013/12/28(土) 11:39:17.19 ID:Kwhs7rz5P 

【冬の祭典まで鍛錬】「オタク狩り」を返り討ち! 秋葉原で開催される「護身術スクール」が盛況

12月29~31日にいよいよ「コミックマーケット」が開催される。
この時期は日本中からアニメ・コミックファンが東京に集まるが、毎年この時期に話題になるのが、オタクを狙った恐喝事件、通称「オタク狩り」。暴漢に狙われたとき、我々は何ができるのか。

秋葉原で開催されている「護身術スクール」を取材した。

「おたく狩り」を駆逐せよ!

Wikipediaに「おたく狩り」の項目がある。それによれば、「金銭を持って買い物にやってくるおたくを対象とするので、「確実に金を取れる」「おたくは暴力に弱い」と思われていることから、加害者側としてはノーリスク・ハイリターンと考えられており、おやじ狩りに代わって横行するようになった」 とある。

なんとも悔しい表記だが、かくいうラジ館プレス記者もスポーツ経験がなく、見た目は貧弱そのもの。今夏、別の記者が秋葉原の街で、DQNに肩が当たったと難癖をつけられ、金銭を要求される寸前のこともあった。

今後のために鍛えねば……そう思っていた矢先、秋葉原で「護身術」が習えるスクールがあることを知った。

以下略
http://www.radiokaikan.jp/press/?p=69981




a0006_002963


続きを読む